« 紀伊半島一周 お仕事ですよ | トップページ | 紀伊半島 湯浅の町 »

2010年10月27日 (水)

紀伊半島の旅 第1弾

Pa240001 Pa240007 Pa240008
紀伊半島 へのお出かけは計画していたのですが
たまたま 遊海人(ゆかい)な仲間達も 同じ場所に
向かうというこという!!なので1日予定を早めて
19時30ごろ 南伊豆を出発し 東名や高速道路を
走って走って 途中迷子になり 朝焼けを見ながら
和歌山県の湯浅という お醤油発祥の地にある
アオキカヌーワークスさんまで行ってきました。
途中名物の 高菜で包まれたおにぎり めりはりすし
をつまみながら 今回の目的地を目指しました。
地元の カヤック事情を知るためにも 漕ごうと
今回は かなり久しぶりな タンデムのカヤックを積んで
行きました。
Pa240002 Pa240009 Pa240013
スパローちゃんは 日本最大級のカヤック&カヌー
ショップでもある ショップの展示会に参加し
ワニ姫は 地元のカヤックゲレンデのリサーチも
含めた ツーリングに参加してきました。
本日の試乗艇は 急遽1人で参加となったので
シーヤックに乗せていただきました。
安定感もよく 前後のハッチも大きくキャンプ道具も
入りますね。ラダーのフィッティングもしましたが
ラダーなしでも十分コントロールができます。
難波の龍ちゃんと ハクチョウPAPAと一緒のツーリング
です。
Pa240015 Pa240018 Pa240030
Pa240036 Pa240034 Pa240019
栖原を出発 毛無島を目指し 苅藻島の間を通過し
鷹島の沖  魚船 定置網や 釣りいかだ 釣り人などに
気をつけながらの ツーリング みんなツーリングとは
言えかなりいいペースで おしゃべりしながら 3人並んで
スイスイ漕いで行きました。岬に囲まれ大きな湾の中に
いるのと同じ感じで 風も無風 波もなく 鏡のようです。
右手 沖の方には薄っすら 四国が見えています。
Pa240045 Pa240047 Pa240048
黒島の小島と小島の間を抜け 弁天岩辺りで少し早めの
LUNCHとなりました。どこの海に行ってもビーチコーミング
こんなに大きな貝発見eye
ゴミは 少なく綺麗なビーチ!!もちろん 海上からの
アクセスしかできません。
今度は先ほど 漕いできた島々の内側を通過して
帰ってきたのですが 釣りいかだが 多く行きよりも
大回りをして漕いだ気分。
Pa240052 Pa240053 Pa240057
雲行き見ながら漕いでいたものの 1時間ぐらい
漕いだ辺りで グレーの雲に変り 行きの海が
ウソのような 風・風波 共に強いwave荒れた海に
変わってしまいました。 雨はこの時点で降らなかった
ものの ガッツリ漕いだ 1日でした。
距離としては 20㌔近く漕いでいるような??
小島が多く この先にはどんな海が待っているの
だろうと 先へ 先へと進みたくなってしまう。
海でした。

休んでいる間もなく この看板のある日本最大級の
ショップで 新作カヤックの説明を受けたり 掘り出しもの
を探したり、来年度のちょい乗りカヤックに必要な
物をリクエストしてみたり・・・
毎年 我がまま言わせて頂いております。
 
青木社長はもちろんのこと お花見カヤック体験会
時に大阪から 日帰りで飛んできてくれたガッキーとの
再会heart04ハクチョウPAPAも難波の龍ちゃんも みんな
私たちPIRATESの嬉しい影のサポーター達。
夜は 雨が本格的に降る中 スタッフのみなさんに
お食事の用意までして頂き お疲れモードな 私たちは
少し早めの就寝とさせていただきました。
いつか 私たちも みんながくつろげる素敵な
waveビーチハウス をshine夢見て・・・・

本日の航路は全国シーカヤッキング55MAP
お持ちの方は 088~091 31 湯浅湾をご参考にね!!
 
 

|

« 紀伊半島一周 お仕事ですよ | トップページ | 紀伊半島 湯浅の町 »

海賊たちの悪巧み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紀伊半島一周 お仕事ですよ | トップページ | 紀伊半島 湯浅の町 »