« いよいよ明日です | トップページ | 弓ヶ浜まで漕いで行こう »

2010年10月 2日 (土)

HAPPY CANOE WEEKEND IN 南伊豆

Pa020031 Pa020036 P1010083
P1010084 P1010090 P1010141
お天気に恵まれ最高の HAPPY CANOE WEEKEND
開催です。気温も高く ちょっと風吹いていたけど
みんな風にも負けずに 楽しく楽しく カヤックキング

弓ヶ浜の夏のビーチをパトロールしてくれている
ライフセーバーのみなさん達も参加してくれましたよ!!
そんな皆さんには 湾の外の海waveにもちょっとだけ
ご案内です。
途中 トレーニング中のライフセーバーの人にも
遭遇です。私たちパイレーツもツアー中 よく
こんな感じで トレーニング中の皆さんとは海や
川でお会いすることが・・・
Pa020044 Pa020046 Pa020048
みんな上達が早く グルリと1周まわってきてからは
2人乗りから 1人乗りに乗り換えてスイスイ漕いで
いるよ!!

チビッコ海賊 ライフセーバー 大人海賊 スタッフ海賊
それぞれ だいたい 同じ人数になるので 同じスキルの
人同士が rock paperでチームわけ ミニレースの
開催です。
チーム名もみんなで決めました。
青 チームかっぱ オレンジ チームぱんつ!!
P1010109 P1010110 P1010112
Pa020049 Pa020060 Pa020065
Pa020054 Pa020055 Pa020068
Pa020071 Pa020072 Pa020058
即席なのに すごいチームワーク
レースとなると子供たちも盛り上がりますね!!
相手のチームの交代時に 水をかけてみたり
それぞれ 色々と悪巧みも考えてのレース
いや~ ほとんど差はなくここまでくると
お互いのチームワークが重要になってくるようです。

第1回 HAPPY CANOE WEEKEND 南伊豆杯
1位に輝いたのは crownチームかっぱ
その後は 子供たちとすっかり仲良しになった
弓ヶ浜ライフセーバーのみなさんです。
Pa020100 Pa020043 P1010121
アウトリガーカヌー OC-1 サーフスキーにも
試乗していただきました。
どちらもシットオントップカヤック&カヌーです。
でも こちらは上級者向き スピード重視になって
くるのでバランスを崩してしまうとsweat01転覆してしまいます。
今日はお天気にも恵まれ 水温も高くチビッコ海賊達は
P1010123 Pa020077 Pa020116
Pa020094 P1010122 Pa020109
カヤックsweat01海水浴waveカヤックsweat01海水浴wave
を終了時間ギリギリまで 繰り返し楽しんでいましたよ。
午後は 浪打際での カヤックサーフィン スタッフが
一緒に乗ってあげて 漕ぐタイミングや波に乗るタイミング
がわかると 更に 楽しくなり 上手に波に乗れたときは
浜で見ているお客さまからも 大きな拍手が届きました。
波乗りが1人でも出来るようになる どんな荒れた海でも
もう大丈夫scissors
 
最後にお片づけや ビーチクリーンもみんなでしました。
砂浜の中からは沢山の 缶や瓶が出てきたのには
驚きました。
今日参加してくれた皆さん 爽やかな笑顔で
「また カヤック乗りたい!!」って元気いっぱい帰って
行きましたよ!!
子供たちの心にも 大人たちの心にも 夢の冒険に
向けての第1歩となったようです。
みんな今日は 一緒に 遊んでくれてどうも
ありがとうねheart04
Pa020123 Pa020125   
第二部
湊CAFE&PIRATES にて
「ホクレア クルー デニスチャンの伝えた大切なこと」
DVD上映会をしました。ホクレア号の説明
海の好きな 男達が集まり 熱くDVDを見ながら船のことに
ついて語ったりました。
スタッフは カマクラ号のTシャツでみなさまをお迎えいたしました。
Pa020130 Pa020139 

第三部 
ギターを持ってお友達が登場。みんなの知っている
唄をギターにあわせて大合唱!!
ナベちゃん♪ひげちゃんの LIVE 遅くまで続きましたよ!!

盛りだくさんな 1日になりました。

参加者のみなさん このイベントをサポートして
下さった多くのみなさん 南伊豆教育委員会のみなさま
どうもありがとうございました。  

夢の第一歩 みんなで歩き始めました。
HAPPY CANOE WEEKEND

|

« いよいよ明日です | トップページ | 弓ヶ浜まで漕いで行こう »

海賊たちの悪巧み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いよいよ明日です | トップページ | 弓ヶ浜まで漕いで行こう »