« いよいよ土曜日に・・・ | トップページ | ワンちゃんも一緒  »

2010年9月28日 (火)

伊豆新聞に「カヌーの聖地南伊豆」 

P9280005_2本日の伊豆新聞 今日から1周間
というイベント情報に
“HAPPY CANOE WEEKEND”が掲載
されました。 
もちろんこのサブタイトルは
「カヌーの聖地 伊豆」と大きく掲載ですscissors

カヌーの語源になった地名が南伊豆や静岡県には
多いんですよね!!
カヌー = カノー・カノアなどと呼ばれています
地名で言うと 狩野川 加納 も音読みをすれば「カノー」と
なります。
それよりも 南伊豆のタライ岬 “盥”という難しい漢字がありますが
いろんなところの 表示は タライ と なっていることが多いんです
タライ= 旧 ポリネシア語で カヌーが集まる場所 
カヌーを仕上げる場所と言った意味があるそうです。
Imgpmo2621 Imgp2592 Imgp2609
2008年4月 “南伊豆はカヌーの聖地である”と唱える
茂財寅男先生(考古学・航海術の神様です)に
お会いした時 から湊CAFE&PIRATESと
カマクラ号の大航海はスタートしたのです。
その時同行されていたのがタイガーエスプリ
さんの弟さん  ルイさんとカマクラ号建造にに向け
活動中の(この時はJHCA準備室)のみなさんに
お会いしました。もちろん 湊CAFE展示の
アウトリガーカヌーにもビックリされていましいた。
南伊豆で歓迎を受けたお礼にと
HAKAという歓迎の意を表現する、いわば海の民
のご挨拶を披露してくださいました。
タライ岬に向かってねheart04

今回のこのイベントの話を伺った時に
ルイさんの言葉がよみがえってきました。
カマクラ号建造!!そして南伊豆でもいつになるか
わかりませんがカヌー・カヤックを作ってwave大海原に
出たいという 夢shineがある。
「今 目には見えないけど カヌー作りがスタートした
お互い いる場所は違うけど 思いは一つ」 
なんだか まさに 船が少しづつ動きだしたような
気がして ブルっとしました。

なので 今回の 体験会はカヤックには
まず乗っていただくことが大切ですが
何か 発見したり 気がついたり 思ったり
参加してくれた人みんなの 心に響くheart04
体験になったら嬉しいです。

南伊豆での HAPPY CANOE WEEKEND開催に
あたり 後援 南伊豆町教育委員会になりました
関係者のみなさま ありがとうございます。


 

|

« いよいよ土曜日に・・・ | トップページ | ワンちゃんも一緒  »

海賊たちの悪巧み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いよいよ土曜日に・・・ | トップページ | ワンちゃんも一緒  »